仕事に役立つ資格の案内板

これからの時代には必須です!コンピューター系資格

ネット無しでは過ごせない現代では、パソコンが使えるのはもはや必須というより当然です。この分野の資格には様々なものがあり、どのジャンルに特化したものを選ぶかでかならい様子が変わってきますが、就職のためなら基本的な資格はワード・エクセル・パワーポイントに関するものでしょう。その他には国家試験のレベルで考えると、システムアドミニストレータや情報処理技術などが挙げられます。

これからの時代には必須です!コンピューター系資格記事一覧

システムアドミニストレータは通常「シスアド」とも呼ばれ、初級と上級に分かれます。初級シスアド資格保持者になる情報システム化を使用者の立場にたってサポートすることになり、情報システムの専門部署以外の社員に対してコンピュータ操作方法などをアドバイスする立場となります。上級シスアド資格保持者になるとその仕事の範囲は会社全般にわたります。会社全体の業務を担う立場となり、情報技術を活かした業務形態の変革、新...

情報処理技術者試験センターが「基本情報技術者」「システムアドミニストレータ」などと平行して行う資格試験のひとつが「情報セキュリティアドミニストレータ」にんります。情報セキュリティに関する資格としては唯一の国家資格となります。近年における情報ネットワークの発達により、手軽に情報が手に入るようになった一方で、情報セキュリティの方面での対策が企業には求められるようになりました。こうした時代背景により金融...

ITが業務に入り込んでいる現代社会においてスキルの高さを測る基準としてExcelをどれくらい使えるかで判断する考え方があります。「Excel表計算処理技能認定試験」は客観的にその能力をランク付けするものです。どんどん多様化・複雑化が進んでいる現在のIT社会においてこの認定試験の結果で時代の最先端のスキルをもっているかもっていないのかが分かるのです。Microsoft Excelを使いこない高い表計...

印刷物の編集作業の一切をパソコンで行い、ネットワークを使って印刷・送信が可能である出版様式のことをDTPといいます。よりより印刷物を作ることに特化した技術・知識を習得し、試験に合格することによって得られるのがDTPエキスパートという資格になります。その仕事の特性上、製本・印刷に関する技術・知識はもちろんのこと、コンピューター操作を中心としたこの分野全般の幅広い知識も求められます。印刷メディア関連企...

現代社会において職種を問わずほとんどの会社で必要とされるのがパソコンスキルです。「Word文書処理技能認定試験」などの技能認定試験を利用してその習熟度を測る機会も多くなっています。Wordは様々な職場で実際に使う機会が多いソフトですので、客観的なスキルの高さを示すためにこの試験を受ける人も多いようです。日本に従来からある年功序列・終身雇用という仕組みが崩壊しつつある今だからこそ、実力をアピールする...

マイクロソフトオフィス スペシャリスト(Microsoft Office Specialist)は日本国内はもちろん、海外でも通用するマイクロソフト・オフィス製品の習熟度を示す資格認定制度となっています。Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlookといったマイクロソフト・オフィスに含まれるそれぞれのソフトごとに試験を受け、全てが実技試験の形式となっています。特にWord...

フィンランドの学生リーナス・トバルズを中心としてネットを通じて拡がった多数の協力者によって作り上げられたUNIX互換OSがLinuxになります。現在でもなお開発は継続されており、Linuxはセキュリティ・低コスト・安定した運用などの優秀さをもつOSとして世界で認知されており、この認定試験に合格することは日本はもちろんのこと世界各国で就職の際に有利になり待遇面での優遇も期待できます。Linux時代を...

CAD(Computer Aided Design system)は近年、建築・プリント基板・機械部品などの現場で使われることが多くなり、CAD操作ができる人材の需要が非常に高まってきています。CAD利用技術者試験はコンピュータを使って設計・製図する際のCAD利用技術の習得レベルを測るために行われます。レベルは3つに分かれ、初心者向けの基礎試験、知識を中心とした能力を測る二級、そして実際のCAD操...