仕事に役立つ資格の案内板

Excel表計算処理技能認定試験

ITが業務に入り込んでいる現代社会においてスキルの高さを測る基準としてExcelをどれくらい使えるかで判断する考え方があります。「Excel表計算処理技能認定試験」は客観的にその能力をランク付けするものです。どんどん多様化・複雑化が進んでいる現在のIT社会においてこの認定試験の結果で時代の最先端のスキルをもっているかもっていないのかが分かるのです。Microsoft Excelを使いこない高い表計算処理技能とビジネスの実務へ展開する力を認められれば、就職採用の際に有利なのはもちろんのこと、入社後も大きな仕事を任せられる可能性が広がります。持っておいて損はしない資格といえるでしょう。

 

コンピューター関連資格で人気ナンバー1

Excel表計算処理技能認定試験はコンピューター関連の資格の中で受験する人が最も多い資格になります。受験するにあたって実務経験などの特別な条件がないため誰でも受験できること、レベルが1〜3級に分かれているので自分のレベルに合わせて気軽に受験できることが受験生の数が増えている要因でしょう。特徴として合格率が75%以上と高いこともありますので、受験のしやすさは比較的高いといえます。

 

 

【PR】敏感肌専門ブランドの大人気商品アヤナスの情報はこちら

関連ページ

システムアドミニストレータ
システムアドミニストレータは通常「シスアド」とも呼ばれ、初級と上級に分かれます。
情報セキュリティアドミニストレータ
情報処理技術者試験センターが「基本情報技術者」「システムアドミニストレータ」などと平行して行う資格試験のひとつが「情報セキュリティアドミニストレータ」にんります。
DTPエキスパート
印刷物の編集作業の一切をパソコンで行い、ネットワークを使って印刷・送信が可能である出版様式のことをDTPといいます。
Word文書処理技能認定試験
現代社会において職種を問わずほとんどの会社で必要とされるのがパソコンスキルです。「Word文書処理技能認定試験」などの技能認定試験を利用してその習熟度を測る機会も多くなっています
マイクロソフトオフィス スペシャリスト
マイクロソフトオフィス スペシャリスト(Microsoft Office Specialist)は日本国内はもちろん、海外でも通用するマイクロソフト・オフィス製品の習熟度を示す資格認定制度となっています。
Linux技術者認定試験(LPIC)
Linuxはセキュリティ・低コスト・安定した運用などの優秀さをもつOSとして世界で認知されており、この認定試験に合格することで就職を有利に進められます。
CAD利用技術者試験
CAD(Computer Aided Design system)は近年、建築・プリント基板・機械部品などの現場で使われることが多くなり、CAD操作ができる人材の需要が非常に高まってきています。