仕事に役立つ資格の案内板

マイクロソフトオフィス スペシャリスト

マイクロソフトオフィス スペシャリスト(Microsoft Office Specialist)は日本国内はもちろん、海外でも通用するマイクロソフト・オフィス製品の習熟度を示す資格認定制度となっています。Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlookといったマイクロソフト・オフィスに含まれるそれぞれのソフトごとに試験を受け、全てが実技試験の形式となっています。特にWordとExcelに関しては、スペシャルレベル(ベーシックな機能を効率的に使えるスキルが求められます)とエキスパートレベル(用途・目的に応じて環境設定・データの有効活用といった高度な機能を使いこなせる能力が求められます)の2種類が用意されています。ご自身のレベルに合わせた受験をして合格を目指して下さい。

 

取得するなら早目がおすすめ

Microsoft Office Specialistの資格は就職の際にも有利に働きますので、学生のうちに取得する人もいます。受験についてはどなたでも可能ですので、(保護者の同意が必要となりますが)小学生で受験するケースもありえます。早目に取得しておいて損はないどころか得になることが多いので、できるだけ早目の取得がおすすめです。

関連ページ

システムアドミニストレータ
システムアドミニストレータは通常「シスアド」とも呼ばれ、初級と上級に分かれます。
情報セキュリティアドミニストレータ
情報処理技術者試験センターが「基本情報技術者」「システムアドミニストレータ」などと平行して行う資格試験のひとつが「情報セキュリティアドミニストレータ」にんります。
Excel表計算処理技能認定試験
「Excel表計算処理技能認定試験」は客観的にExcelの習得能力をランク付けするものです。
DTPエキスパート
印刷物の編集作業の一切をパソコンで行い、ネットワークを使って印刷・送信が可能である出版様式のことをDTPといいます。
Word文書処理技能認定試験
現代社会において職種を問わずほとんどの会社で必要とされるのがパソコンスキルです。「Word文書処理技能認定試験」などの技能認定試験を利用してその習熟度を測る機会も多くなっています
Linux技術者認定試験(LPIC)
Linuxはセキュリティ・低コスト・安定した運用などの優秀さをもつOSとして世界で認知されており、この認定試験に合格することで就職を有利に進められます。
CAD利用技術者試験
CAD(Computer Aided Design system)は近年、建築・プリント基板・機械部品などの現場で使われることが多くなり、CAD操作ができる人材の需要が非常に高まってきています。