仕事に役立つ資格の案内板

システムアドミニストレータ

システムアドミニストレータは通常「シスアド」とも呼ばれ、初級と上級に分かれます。初級シスアド資格保持者になる情報システム化を使用者の立場にたってサポートすることになり、情報システムの専門部署以外の社員に対してコンピュータ操作方法などをアドバイスする立場となります。上級シスアド資格保持者になるとその仕事の範囲は会社全般にわたります。会社全体の業務を担う立場となり、情報技術を活かした業務形態の変革、新たな情報システムの開発、新システムの活用や評価と非常に重要な立場になります。この立場になると情報技術に限らず、会社全体を見られる経営戦略やビジネス戦略の知識も必要となってきます。

 

この分野唯一の国家資格の一部です

コンピューター関連で唯一の国家資格となる「情報処理技術者試験」の中の一つの試験区分がシステムアドミニストレータ試験になります。初級の場合は各部門内で上級の場合は企業内全体の情報技術のリーダーとして重要な役割を担いますので、専門知識と技術の両面での高いスキルが必要となります。

関連ページ

情報セキュリティアドミニストレータ
情報処理技術者試験センターが「基本情報技術者」「システムアドミニストレータ」などと平行して行う資格試験のひとつが「情報セキュリティアドミニストレータ」にんります。