仕事に役立つ資格の案内板

実用英語技能検定(英検)

文部科学省が後援し、英語に関する長い歴史を持つ資格である実用英語技能検定(英検)は2級がひとつの目安となります。2級以上の資格を取得することで大学入試の際の優遇措置や海外留学時の語学力を証明する資格としての認定制度など学生のみなさんにとって様々なメリットがあります。1〜5級までのレベルがあり、5級は中学生初級レベル、1級になると大学上級レベルに相当し、段階的にそのレベルを上げていくことができます。こうしたことから進学の際のアドバンテージにする、英語をマスターするといった各個人の目標に合わせて受験ができることも特徴のひとつと言えます。

 

実際の現場で使える英語力を判定

英検の3級以上のレベルになると筆記試験+リスニング試験の一次試験に加えて、面接形式でのコミュニケーション能力を測る二次試験(スピーキング)があります。実用的な英語を身につけているかを測るにふさわしい「聞く・話す・読む・書く」力を総合的にテストすることになります。

関連ページ

TOEICテスト
TOEICの正式名称はTest of English for International Communicationとなり、英語でのコミュニケーションの力を測るものです。
TOEFLテスト
世界規模で行われている試験で英語が母国語でない人の英語能力を判定する目的なのがTOEFLテスト(est of English as a Foreign Language)になります。
通訳案内士
通訳案内士(通訳ガイド)とは日本を訪れた外国人観光客に同行し、日本各地を案内しそれぞれの場所で歴史・見どころなどを紹介する仕事です。
観光英語検定
訪日外国人観光客の増加に伴い観光業界(ホテル、レストラン、観光地などなど)では外国語での対応を必要とされる機会が増えてきています。
国際秘書検定(CBS検定)
国際所検定であるCBS(Certified Bilingual Secretary)の合格のためには語学能力はもちろんのこと、秘書業務に必要な幅広い知識と高度な技能も求められます。
米国公認会計士(CPA)
米国公認会計士(CPA)の資格は国際会計基準であるIASを導入する企業が増えていることから注目が高まっています。
MBA(経営学修士号)
経営学修士号(MBA:Master of Business Administration)は正確には資格ではなく専門修士となりますが、取得する人が増えています。