仕事に役立つ資格の案内板

通訳案内士

通訳案内士(通訳ガイド)とは日本を訪れた外国人観光客に同行し、日本各地を案内しそれぞれの場所で歴史・見どころなどを紹介する仕事です。外国語でのコミュニケーションが取れるのはもちろんのこと、日本の地理・歴史・政治・文化といった幅広い方面への知識が必要とされます。なぜなら、通訳案内士の対応ひとつで外国人観光客みなさんの日本へのイメージを良い方へも悪い方へも導くことになるからです。時には観光目的以外で訪日した外国人客(例えば、ビジネスや研修など)に対応することもありますので、その時に応じた専門知識や常に新しい知識をみにつけるという向上心も重要な要素となります。

 

語学と一般常識に自信があるならおすすめ

通訳案内士資格試験はどなたでも受験することができ、対象となる外国語は英語・中国語・フランス語・スペイン語・・イタリア語・ポルトガル語ドイツ語・ロシア語・韓国語・タイ語となり、それぞれから一つの言語を選択肢、一次試験:筆記試験と二次試験:口述試験を受けることになります。それに加えて日本語での地理歴史・産業・政治経済・文化に関する一般常識の筆記試験もあります。合格まで難関な試験ですが、実力次第では高収入も見込めますので、いずれかの外国語が得意であればチャレンジする価値はあります。

関連ページ

TOEICテスト
TOEICの正式名称はTest of English for International Communicationとなり、英語でのコミュニケーションの力を測るものです。
TOEFLテスト
世界規模で行われている試験で英語が母国語でない人の英語能力を判定する目的なのがTOEFLテスト(est of English as a Foreign Language)になります。
実用英語技能検定(英検)
文部科学省が後援し、英語に関する長い歴史を持つ資格である実用英語技能検定(英検)は2級がひとつの目安となります。
観光英語検定
訪日外国人観光客の増加に伴い観光業界(ホテル、レストラン、観光地などなど)では外国語での対応を必要とされる機会が増えてきています。
国際秘書検定(CBS検定)
国際所検定であるCBS(Certified Bilingual Secretary)の合格のためには語学能力はもちろんのこと、秘書業務に必要な幅広い知識と高度な技能も求められます。
米国公認会計士(CPA)
米国公認会計士(CPA)の資格は国際会計基準であるIASを導入する企業が増えていることから注目が高まっています。
MBA(経営学修士号)
経営学修士号(MBA:Master of Business Administration)は正確には資格ではなく専門修士となりますが、取得する人が増えています。