仕事に役立つ資格の案内板

人をダイレクトに助ける医療・福祉系

福祉の仕事は多岐にわたり、仕事先も病院・施設に在宅介護と様々です。このような職種での就職にはやはり資格を持っていることが重要でしょう。一言で福祉系と言っても種類は様々ですが、長期間働けることもあり比較的女性に人気なのが介護福祉の分野になります。需要が増えてきた背景には高齢化社会があり、時代の変化によって需要が高まってきた職種と言えるでしょう。シルバーサービス事業も増えてきており、活躍の場はさらにひろがっていますよ。

人をダイレクトに助ける医療・福祉系記事一覧

高齢化社会の到来をうけて、現在最も需要が高い資格の一つが介護福祉士になります。その業務は高齢者、身体・精神障害者といった日常生活を送るのに支障がある人に対して、専門的な知識とスキルを駆使して様々な生活のサポートを行います。各家庭内での家族による介護が難しくなっている現代では在宅・施設での介護能力を上げることが重要となり、そのためにも介護福祉士の資格保持者が重要視されています。民間企業によるシルバー...

今最も需要がある資格の一つが介護福祉士です。この介護福祉士と密接に係る資格が介護支援専門員(ケアマネジャー)になります。2000年4月にスタートした介護保険制度にもとづいて新しく生まれた資格です。介護保険の理念として介護を受ける側(高齢者など)が自分の受けたいサービスを選び要介護度の認定を受け、その人の介護に必要なケアプランを医療・保険・福祉の面からニーズに合せて組み立てるのが重要な側面です。ケア...

福祉住環境コーディネーターのお仕事は高齢者や障害者の方々が住み慣れた我が家で自立した生活を送れるように、住環境を整備するためのリフォーム・簡単な工事に関するアドバイスを送ることです。高齢者・障害者にとってはできるだけ介護無しで自分の力でできる生活環境、介護する側にとっては心身両面での負担を軽くことができるように補助器具を設置するなどして介護環境の改善を行います。バリアフリーなどに代表されるのが具体...

看護師は常に売りて市場と言っても過言では無いほどに求人には事欠きませんが、仕事内容が非常に厳しい割に賃金が伴わないという難しい状況にあります。看護師の働く場としては病院・診療所といった医療施設はもちろん福祉施設や派出看護師として各家庭での看護に従事する方もいます。医療に関わる現場全体として看護師が足りない状況ですので、最新の医療知識・技術をもった看護師さんは常に重宝されることが間違いないでしょう。...

メディカルクラークは医療事務のスペシャリストと言うべき資格です。この資格を取得することにより医療事務員として病院・診療所・調剤薬局などで勤務することが可能となります。医療保険制度は医療費が増大を続けている現在において非常に大きな割合を占めるため、医療事務員にとって医療報酬請求事務はどんどん重要な業務となっています。実際の業務はそれにとどまらず窓口受付業務・カルテ管理業務・会計業務・レセプト(診療報...

社会福祉士の主な業務は高齢者・身体障害者などの福祉関連の相談にのり助言・指導を行うことですから、高度な専門知識と技術が必要とされます。福祉分野における相談・援助の専門家として身体障害者・児童に関する相談や援助を行うこともあります。高齢化が進む現代社会において、在宅ケアサービス・介護保険の多様化に加え福祉機器の普及が進んでいることもあり、その活動範囲はドンドン広がっているので、社会福祉士の活躍の場面...

理学療法士は心身に障害を持つ人が1日も早く社会復帰ができるようにいわゆるリハビリテーション(運動療法・治療体操からマッサージ、温熱・光線・電気治療など)である物理療法を行い、運動能力を回復するお手伝いをするのが仕事です。こうしたリハビリテーション療法は医療機関はもちろんのことデイケア・デイサービスを行う福祉施設でも需要が高まっているので、理学療法士の需要はますます増えていくことでしょう。有資格者が...

予防医学・治療医学に続く第三の医学であるリハビリテーションに従事するのが作業療法士であり理学療法士と同じ分野で活躍することになります。両者の違いは理学療法士が物理療法を実施するのに対して、作業療法士の場合は身体・精神への障害を持つ人が園芸・陶芸・手芸といった作業訓練を通して日常動作・応用動作の回復に努め、社会復帰を目標に生きがいのある生活を送れるようになることのお手伝いを行います。こうした人達を対...