仕事に役立つ資格の案内板

介護支援専門員(ケアマネジャー)

今最も需要がある資格の一つが介護福祉士です。この介護福祉士と密接に係る資格が介護支援専門員(ケアマネジャー)になります。2000年4月にスタートした介護保険制度にもとづいて新しく生まれた資格です。介護保険の理念として介護を受ける側(高齢者など)が自分の受けたいサービスを選び要介護度の認定を受け、その人の介護に必要なケアプランを医療・保険・福祉の面からニーズに合せて組み立てるのが重要な側面です。ケアマネジャーはそのケアプランに関して利用者とサービス提供者の間に入り利用者の立場で調整にあたります。実際にサービス開始後には計画通りに介護が行われているかを確認するのもケアマネジャーの仕事です。よりよい介護サービス実現のために非常に需要な資格となっています。

 

有望な資格、ただし条件は厳しい

ケアマネジャーの資格を取るには「介護支援専門員実務研修受講試験」にまず合格する必要があります。そのご、各都道府県が行う実務検証を修了し介護支援専門員資格登録簿に登録された上で介護支援専門員証の交付を受けることが必要です。なお「介護支援専門員実務研修受講試験」を受験するためには保険・医療・福祉分野での5年以上かつ900日以上の実務経験が必須となります。資格取得までの道のりは簡単ではありませんが、ニーズも高く将来有望な資格と言えるでしょう。

 

 

関連ページ

介護福祉士
高齢化社会の到来をうけて、現在最も需要が高い資格の一つが介護福祉士になります。