仕事に役立つ資格の案内板

福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターのお仕事は高齢者や障害者の方々が住み慣れた我が家で自立した生活を送れるように、住環境を整備するためのリフォーム・簡単な工事に関するアドバイスを送ることです。高齢者・障害者にとってはできるだけ介護無しで自分の力でできる生活環境、介護する側にとっては心身両面での負担を軽くことができるように補助器具を設置するなどして介護環境の改善を行います。バリアフリーなどに代表されるのが具体的な例となりますので、住宅建築・リフォームに関係する建築関係者、介護全般に関わる医療・福祉関係者から人気の資格です。

 

1級合格は難関です

試験には1〜3級の3段階が準備されています。3級と2級は受験資格無しでどなたでも受験できますが、1級については2級合格者のみが受験可能となっています。また、試験についてもマークシート方式の一次試験の後、記述・論述式による2次試験もあります。このように極端に難易度が上がるため、2級・3級では合格率が40%以上なのに大して、1級では4%程度となっています。合格は狭き門ですが、その分この資格を持つことにより活躍の場が一層広がることになります。

関連ページ

介護福祉士
高齢化社会の到来をうけて、現在最も需要が高い資格の一つが介護福祉士になります。
介護支援専門員(ケアマネジャー)
今最も需要がある資格の一つが介護福祉士です。この介護福祉士と密接に係る資格が介護支援専門員(ケアマネジャー)になります。
看護師
看護師は常に売りて市場と言っても過言では無いほどに求人には事欠きませんが、仕事内容が非常に厳しい割に賃金が伴わないという難しい状況にあります。
メディカルクラーク
メディカルクラークは医療事務のスペシャリストと言うべき資格です。
社会福祉士
社会福祉士の主な業務は高齢者・身体障害者などの福祉関連の相談にのり助言・指導を行うことですから、高度な専門知識と技術が必要とされます。
理学療法士
理学療法士は心身に障害を持つ人が1日も早く社会復帰ができるようにいわゆるリハビリテーション(運動療法・治療体操からマッサージ、温熱・光線・電気治療など)である物理療法を行い、運動能力を回復するお手伝いをするのが仕事です。
作業療法士
予防医学・治療医学に続く第三の医学であるリハビリテーションに従事するのが作業療法士であり理学療法士と同じ分野で活躍することになります。