仕事に役立つ資格の案内板

介護福祉士

高齢化社会の到来をうけて、現在最も需要が高い資格の一つが介護福祉士になります。その業務は高齢者、身体・精神障害者といった日常生活を送るのに支障がある人に対して、専門的な知識とスキルを駆使して様々な生活のサポートを行います。各家庭内での家族による介護が難しくなっている現代では在宅・施設での介護能力を上げることが重要となり、そのためにも介護福祉士の資格保持者が重要視されています。民間企業によるシルバーサービス事業も活発になってきていますので、介護福祉士の活躍の場はどんどん広がっています。

 

筆記も実技も重要な国家試験

介護福祉士の資格取得方法は介護業務に3年以上従事した後に介護福祉士の国家試験に合格する、高卒以上のものが通学できる介護福祉養成施設を卒業する、のいずれかになります。試験には筆記試験と実技試験の両方があり、筆記試験の合格者のみ実技試験への進みます。つまりいくら実技に自信があったとしても十分な知識がないと資格をとることはできませんので、どちらもしっかりと身につけることが重要となります。

関連ページ

介護支援専門員(ケアマネジャー)
今最も需要がある資格の一つが介護福祉士です。この介護福祉士と密接に係る資格が介護支援専門員(ケアマネジャー)になります。