仕事に役立つ資格の案内板

作業療法士

予防医学・治療医学に続く第三の医学であるリハビリテーションに従事するのが作業療法士であり理学療法士と同じ分野で活躍することになります。両者の違いは理学療法士が物理療法を実施するのに対して、作業療法士の場合は身体・精神への障害を持つ人が園芸・陶芸・手芸といった作業訓練を通して日常動作・応用動作の回復に努め、社会復帰を目標に生きがいのある生活を送れるようになることのお手伝いを行います。こうした人達を対象としたリハビリテーション施設・機関の数は今後さらに増えることが予想されますので、こうした場所で働く作業療法士への期待もどんどん高まっている状況です。

 

ふたつの近い資格

作業療法士試験と理学療法士試験には共通する内容も多いため通常は専門機関で3年間の教育を受けないと取得できない受験資格が理学療法士資格保持者に関しては2年間の教育で受験することが可能となります。リハビリテーションの分野を極めより専門性の高い仕事を行おうと思うのであれば作業療法士と理学療法士の両方の資格を持つことがおすすめです。

関連ページ

介護福祉士
高齢化社会の到来をうけて、現在最も需要が高い資格の一つが介護福祉士になります。
介護支援専門員(ケアマネジャー)
今最も需要がある資格の一つが介護福祉士です。この介護福祉士と密接に係る資格が介護支援専門員(ケアマネジャー)になります。
福祉住環境コーディネーター
福祉住環境コーディネーターのお仕事は高齢者や障害者の方々が住み慣れた我が家で自立した生活を送れるように、住環境を整備するためのリフォーム・簡単な工事に関するアドバイスを送ることです
看護師
看護師は常に売りて市場と言っても過言では無いほどに求人には事欠きませんが、仕事内容が非常に厳しい割に賃金が伴わないという難しい状況にあります。
メディカルクラーク
メディカルクラークは医療事務のスペシャリストと言うべき資格です。
社会福祉士
社会福祉士の主な業務は高齢者・身体障害者などの福祉関連の相談にのり助言・指導を行うことですから、高度な専門知識と技術が必要とされます。
理学療法士
理学療法士は心身に障害を持つ人が1日も早く社会復帰ができるようにいわゆるリハビリテーション(運動療法・治療体操からマッサージ、温熱・光線・電気治療など)である物理療法を行い、運動能力を回復するお手伝いをするのが仕事です。