仕事に役立つ資格の案内板

会社員におすすめしたい資格を紹介

社会に出た後であってもちょっと無理してでも取得したほうが良いという資格がいくつかあります。その中のひとつにビジネスマナー検定という資格があります。この資格取得のために学んだことは一般常識・電話対応などの社会人として必要なことを広く学ぶことができますので、あらゆるビジネスシーンで役立つことでしょう。漢字検定にも同じことが言え、きちんと漢字が分かっていることは日本人として常識あるものとして振る舞うことができ、ビジネスにも役立つことでしょう。

会社員におすすめしたい資格を紹介記事一覧

ファイナンシャル・プランナーの仕事は各個人で設計するには難しい資産設計を専門家の目で見てその人それぞれにとってベストなものを立案することです。顧客が望むライフプランの実現を手助けするために、貯蓄・保険・投資・税金などのありとあらゆる金融商品への豊富な知識を駆使し、顧客の資産運用はもちろん生活設計にまで渡ってプランニングすることが必要となってきます。金融に関する豊富な専門チキやライフプランニングを立...

ファイナンシャル・プランニング技能士は銀行・証券会社・生命保険会社などで働く人の多くが取得している資格です。ファイナンシャルプランニングの分野において一定レベルの専門知識と技術を身に着けていることを証明する国家検定資格になります。この資格を取得することにより、貯蓄・投資に関するプランの立案や相談を顧客の資産状況に合わせて行うことができます。少子高齢化が進み先の見通しが暗い昨今では若年層から高齢層ま...

簿記検定は昔も今も財務・金融業務に関わる資格として受験者数は不動のNo.1の資格です。好不況の影響もなく、国家資格と並んぶ権威を安定的に保持し、応用範囲も広く幹部社員にとっては必須知識とも言える将来性の高さが長年人気と資格として君臨してきた理由でしょう。他の専門技術資格と比べても短期間で取得でき合格率も高めであることは働きながらの資格取得を目指す人にとっては嬉しいポイントです。知名度も抜群で就職に...

秘書技能検定は文部科学省が後援する資格のひとつです。その対象範囲は多岐にわたり書類作成・管理、日程管理、会議準備といった事務処理を冷静沈着に行い、情報資料収集・整理・提供といった情報処理能力にも優れ、来客対応から上司への対応といった様々な業務を効率的に遂行する秘書としての技量を評価されるのが秘書技能検定になります。欧米では一つの職種として秘書が確立されており、国会議員などの専属秘書としてマンツーマ...

ビジネス能力検定(B検)は組織の一員としての必要な知識・技術の習得度を客観的に評価するための検定です。社会人として身に付けておくべきビジネス知識・社会常識・マナー・スキルなどの内容を評価することになっているので、これから就職を目指す人にとっては就職活動を支援する側面も持っていることがわかります。検定の内容には仕事の進め方、文書・口頭でのコミュニケーション方法、情報収集解析技術、交渉技術などの就職後...

ビジネス実務マナー検定は社会人としてビジネスの様々なシーンで必要とされる立ちふるまいや知識を評価する資格です。社会人として身に付けるべきマナーや企業式には基本的なものでありながら、意外と多くの人が知らないこともあります。教育の高度化・専門化が進んでいる一方で、高い教育を受けているにもかかわらずこうのような社会性・マナーが欠如している人材が多いのも事実です。このような仕事に対する姿勢・態度、企業活動...

ビジネスで使用する文書作成に苦手意識があるならそうした状況を打破するためにもビジネス文書検定を受けることが有益かもしれません。ビジネス文書作成に苦手意識を持つのは新入社員にとどまらず、多くの人の意識の根底に根強く根付いているものと言えるでしょう。この検定によって簡単なメモ書き程度の文書から礼状などといった格式ある文書まで、ビジネスに関わる文書を書式に従って、わかりやすい表現で、礼儀正しく作成できる...

日本漢字能力検定(漢検)はその名の通り日本で使われる漢字の能力を問うものです。漢字力を求める人が多くおり、それぞれ「日本人として恥ずかしくないレベルで漢字を使いたい」「学問として漢字を極めたい」など求めるレベルは様々です。それに応じるように漢検は1級、準1級、2〜10級と幅広いレベルが用意されていますので、徐々にステップを踏んで自分の漢字能力を向上させ、正しい日本語を身につけるにはピッタリのシステ...