仕事に役立つ資格の案内板

簿記検定

簿記検定は昔も今も財務・金融業務に関わる資格として受験者数は不動のNo.1の資格です。好不況の影響もなく、国家資格と並んぶ権威を安定的に保持し、応用範囲も広く幹部社員にとっては必須知識とも言える将来性の高さが長年人気と資格として君臨してきた理由でしょう。他の専門技術資格と比べても短期間で取得でき合格率も高めであることは働きながらの資格取得を目指す人にとっては嬉しいポイントです。知名度も抜群で就職にもつながりやすいため持っていると安心できる資格のひとつと言えるでしょう。

 

幅広いレベルをカバー

実務経験などの受験資格はないので、どなたで受験できるのが簿記検定の魅力のひとつと言えます。1〜4級までレベルごとに分かれており、大学で学ぶような深い専門知識が必要となる1級から勘定科目の仕分けができ、複式簿記の仕組みを理解できれば取得可能な入門レベルの4級まで幅広く用意されています。したがって自分のスキルに合ったレベルを受験することで合格の可能性を高められるのも特徴といえます。

関連ページ

ファイナンシャル・プランナー
ファイナンシャル・プランナーの仕事は各個人で設計するには難しい資産設計を専門家の目で見てその人それぞれにとってベストなものを立案することです。
ファイナンシャル・プランニング技能士
ファイナンシャル・プランニング技能士は銀行・証券会社・生命保険会社などで働く人の多くが取得している資格です。
秘書技能検定
秘書技能検定は文部科学省が後援する資格のひとつです。秘書としての技量を評価されるのが秘書技能検定になります。
ビジネス能力検定(B検)
ビジネス能力検定(B検)は組織の一員としての必要な知識・技術の習得度を客観的に評価するための検定です。
ビジネス実務マナー検定
ビジネス実務マナー検定は社会人としてビジネスの様々なシーンで必要とされる立ちふるまいや知識を評価する資格です。
ビジネス文書検定
ビジネスで使用する文書作成に苦手意識があるならそうした状況を打破するためにもビジネス文書検定を受けることが有益かもしれません。
日本漢字能力検定(漢検)
日本漢字能力検定(漢検)はその名の通り日本で使われる漢字の能力を問うものです。