仕事に役立つ資格の案内板

ファイナンシャル・プランナー

ファイナンシャル・プランナーの仕事は各個人で設計するには難しい資産設計を専門家の目で見てその人それぞれにとってベストなものを立案することです。顧客が望むライフプランの実現を手助けするために、貯蓄・保険・投資・税金などのありとあらゆる金融商品への豊富な知識を駆使し、顧客の資産運用はもちろん生活設計にまで渡ってプランニングすることが必要となってきます。金融に関する豊富な専門チキやライフプランニングを立案する能力は金融機関を始め会計事務所、生命保険会社などでも重宝されるので活躍の場はたくさんあります。こうした企業でしっかりと実績を積むことによって将来的には独立開業も視野に入ってくる将来有望な資格と言えるでしょう。

 

AFP(普通資格)とCFP(上級資格)

ファイナンシャル・プランナーのしごとにはAFP(普通資格)とCFP(上級資格)の2種類があり、特にCFPの場合は海外でも通用する資格となります。AFP資格を取得した上でCFP資格に望むわけですが、認定までには資格試験の全科目合格に加えて、3年間の実務経験と協会が指定する研修の修了も必要となります。道のりは少し長いですが、世界を舞台に活躍するにはCFP資格を目指すべきです!

関連ページ

ファイナンシャル・プランニング技能士
ファイナンシャル・プランニング技能士は銀行・証券会社・生命保険会社などで働く人の多くが取得している資格です。