仕事に役立つ資格の案内板

ファイナンシャル・プランニング技能士

ファイナンシャル・プランニング技能士は銀行・証券会社・生命保険会社などで働く人の多くが取得している資格です。ファイナンシャルプランニングの分野において一定レベルの専門知識と技術を身に着けていることを証明する国家検定資格になります。この資格を取得することにより、貯蓄・投資に関するプランの立案や相談を顧客の資産状況に合わせて行うことができます。少子高齢化が進み先の見通しが暗い昨今では若年層から高齢層まで個人資産運用の必要性が高まるものと考えられます。そうした時代を受けて個人資産運用のコンサルティングとして独立する道もあります。

 

異なる2つの団体で実施する試験、どっちで受けるべき?

ファイナンシャル・プランニング技能検定試験には1級から3級まであり、それぞれにおいて学科試験と実技試験が実施されます。学科と実技の両方に合格しないとその級のファイナンシャル・プランニング技能士にはなれません。試験実施機関として金融財政事情研究会、日本FP協会の2つがあり、それぞれで試験日時や受験手数料が違います。合格率も若干日本FP協会の方が高い傾向にありますので、どちらで受験するかの判断材料にして下さい。

関連ページ

ファイナンシャル・プランナー
ファイナンシャル・プランナーの仕事は各個人で設計するには難しい資産設計を専門家の目で見てその人それぞれにとってベストなものを立案することです。