仕事に役立つ資格の案内板

日本漢字能力検定(漢検)

日本漢字能力検定(漢検)はその名の通り日本で使われる漢字の能力を問うものです。漢字力を求める人が多くおり、それぞれ「日本人として恥ずかしくないレベルで漢字を使いたい」「学問として漢字を極めたい」など求めるレベルは様々です。それに応じるように漢検は1級、準1級、2〜10級と幅広いレベルが用意されていますので、徐々にステップを踏んで自分の漢字能力を向上させ、正しい日本語を身につけるにはピッタリのシステムになっています。漢検に挑戦するのは小学生からビジネスの最前線で活躍する社会人、さらには高齢者と幅広い年齢層の多くの人が試験に挑んでいます。気軽に受けられる検定であることも漢検が人気である要因の1つでしょう。

 

準1級・1級は漢字博士と呼べるレベル

文部科学省の学習指導要領にもとづいた試験範囲で2〜10級までは出題され、2級レベルの知識があれば日常生活には支障のないレベルの漢字能力があると言えます。常用漢字以外も出題される準1級・1級ともなると難易度は上がり、この資格を持っていることで周囲の見る目が変わることも。進学や就職の際にも有利になるようにしっかりと実力をアピールことができます。

関連ページ

ファイナンシャル・プランナー
ファイナンシャル・プランナーの仕事は各個人で設計するには難しい資産設計を専門家の目で見てその人それぞれにとってベストなものを立案することです。
ファイナンシャル・プランニング技能士
ファイナンシャル・プランニング技能士は銀行・証券会社・生命保険会社などで働く人の多くが取得している資格です。
簿記検定
簿記検定は昔も今も財務・金融業務に関わる資格として受験者数は不動のNo.1の資格です。
秘書技能検定
秘書技能検定は文部科学省が後援する資格のひとつです。秘書としての技量を評価されるのが秘書技能検定になります。
ビジネス能力検定(B検)
ビジネス能力検定(B検)は組織の一員としての必要な知識・技術の習得度を客観的に評価するための検定です。
ビジネス実務マナー検定
ビジネス実務マナー検定は社会人としてビジネスの様々なシーンで必要とされる立ちふるまいや知識を評価する資格です。
ビジネス文書検定
ビジネスで使用する文書作成に苦手意識があるならそうした状況を打破するためにもビジネス文書検定を受けることが有益かもしれません。