仕事に役立つ資格の案内板

カラーコーディネーター検定試験

カラーコーディネーターの仕事は色彩に関する専門知識に基づき場所・用途に応じて効果的な色使いについてアドバイスを送ることです。その活躍の場は非常に幅広く、接客・販売を促進するための色使いの提案や企業戦力の一端として色のパワーを活かして販売力向上のアドバイスを送ったりと学問的に色彩をとらえて活動します。建築からインテリアといった建築業での色彩が関係するところはもちろん、店舗などでも色彩に関する知識を活かした空間演出の提案など、実力を高めることによりその仕事の範囲・規模はどんどん大きくしていくことが可能です。

 

仕事に色彩を活かす

カラーコーディネーター検定試験の1級にはより専門的な色彩知識が問われるため試験自体もファッション色彩・商品色彩・環境色彩のいずれかの分野を選択して受験することになり、服飾業界・建築業界では会社が受験を推奨するケースも見受けられます。こうした背景から有資格者は各企業内での優遇されることもあり、就職・転職の際にも有利になってきます。

関連ページ

美容師
より美しくなりたい!というお客さんの願望を叶えるお手伝いをヘアスタイル・メイク・着付けなどを通して行うのが美容師です。
ネイリスト技能検定
若い女性を中心にネイルに気を配る人がふえています。綺麗なネイルを作る専門家としてネイリストがおり、プロネイリストになるための技能検定があります。
販売士検定
個人商店からスーパー・デパート・チェーンストアと様々な小売店で商品販売に携わる人材を対象に販売士検定という公的な資格があります。
インテリアコーディネーター
インテリアコーディネーターは住環境をキャンパスに依頼主のニーズに合わせた内装・インテリアに関する提案を行うのが仕事です。
管理栄養士
栄養士の関わる業務の中でも高度な専門知識と技術が必要となるのが管理栄養士になります。
eco検定(環境社会検定試験)
eco検定(環境社会検定試験)は持続可能社会の実現を合言葉に環境保持と経済発展を両立させた社会をめざして生まれて資格になります。
気象予報士
気象予報士が関わる天気(気象)の分野は多くの人にとってその日の行事予定・行動パターンを決める重要な要素となります。