仕事に役立つ資格の案内板

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは住環境をキャンパスに依頼主のニーズに合わせた内装・インテリアに関する提案を行うのが仕事です。活躍の場は住宅建設の場面にとどまらず、内装施工業・インテリアメーカー・小売店などといった企業や店舗も対象となります。こうした現場においてインテリア全般に関する構成・配置を中心に適切なアドバイスや提案を行うことが求められます。こうした業務から派生してくるプランニング・見積もり・商品選定・施工管理も行う必要があるのでその業務範囲は非常に幅広いものとなります。インテリアコーディネーターに加えて建築士の資格を持っている人もおり、こうした場合には内装全般を任されるなど活躍の場は一層広がってきます。

 

建築士との相性は抜群

インテリアコーディネーターの試験は1次試験と2次試験に分かれており、1次試験ではインテリア商品に関する特徴・販売などの基礎知識とインテリア計画・技術に関する基礎知識が問われます。論文試験とプレゼンテーション試験が2次試験では設けられています。図面作成等もプレゼンテーションには含まれるため建築士の資格を持っているとより優位になるでしょう。インテリアコーディネーターと建築士の資格の両方を持っている人が多いのはこのような事情が関係しているからです。

関連ページ

美容師
より美しくなりたい!というお客さんの願望を叶えるお手伝いをヘアスタイル・メイク・着付けなどを通して行うのが美容師です。
ネイリスト技能検定
若い女性を中心にネイルに気を配る人がふえています。綺麗なネイルを作る専門家としてネイリストがおり、プロネイリストになるための技能検定があります。
販売士検定
個人商店からスーパー・デパート・チェーンストアと様々な小売店で商品販売に携わる人材を対象に販売士検定という公的な資格があります。
カラーコーディネーター検定試験
カラーコーディネーターの仕事は色彩に関する専門知識に基づき場所・用途に応じて効果的な色使いについてアドバイスを送ることです。
管理栄養士
栄養士の関わる業務の中でも高度な専門知識と技術が必要となるのが管理栄養士になります。
eco検定(環境社会検定試験)
eco検定(環境社会検定試験)は持続可能社会の実現を合言葉に環境保持と経済発展を両立させた社会をめざして生まれて資格になります。
気象予報士
気象予報士が関わる天気(気象)の分野は多くの人にとってその日の行事予定・行動パターンを決める重要な要素となります。